児童虐待防止月間

  • 2018.11.04 Sunday
  • 10:11
11月は児童虐待防止月間です。

虐待のニュースを見るたびに何かできなかったのだろうかと心が痛くなります。
もしかしたら虐待かもという場面に遭遇したら、ためらわずにフリーダイヤル189へ。


鼻風邪?

  • 2018.11.02 Friday
  • 23:35
今日は会う人すべてに「鼻声、風邪ひいた?」と言われ…花粉かなと思っていましたが、鼻水止まらずちょっと咳も出てきたのでこれは風邪だと自覚し薬を飲んで早めに休もうと思います。

さて、これから空気も乾燥してきてインフルエンザなどが流行る季節。今年は早くも9月頃から流行り始めていますが、もう一つ今年の初めから風疹の流行が止まりません。
妊婦が感染すると先天性風疹症候群になる可能性があるため、11月1日より府中市は妊娠を予定・希望する予防接種歴が確認できない女性が対象となっている抗体検査とワクチン接種の支援事業について、妊婦の同居者らを対象に追加しました。男性の30代〜50代の男性の感染が増えているということもあり、緊急に行われる事業です。
詳しくは府中市のホームページをご覧ください。
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/smph/kosodate/shussan/boshinokenko/yobo/170401teikiyobou.html

11月スタートしました

  • 2018.11.01 Thursday
  • 23:50
日ごとに寒くなってまいりました。
これから年末に向けて一気に駆け下りる?転がる?とにかくバタバタとしたような日々となることが予測されますが、個人的には11月生まれということもあり、短い秋が大好きでもありますし満喫したいと思います。
さて、本日各新聞朝刊の折り込みに総支部ニュースヒューマンフラッグが入りましたのでぜひお読みくださいませ。


先日、10月30日に京都で行われた「全国食ロス削減大会」に参加してまいりました。

昨年は第1回が松本市で行われて参加をしましたが、本年はさらに進んだ食ロス対策、日本にとどまらず世界が取り組むSDGsの目標という事もあり、京都大学と連携しての開催となりました。



さて、府中市も食ロス対策を本格始動するために、自治体、事業者、消費者が連携して取り組むことが大事です!

夏季議員研修

  • 2018.08.22 Wednesday
  • 00:56
すっかりご無沙汰をしました。
久しぶりの投稿です。


前回投稿が3月…

母が亡くなった後父が入院し、やっと状態も落ち着き始め、気がつけば季節も随分と移り変わり、夏も終盤。
第3回定例会を前に、委員協議会もはじまり、午後からは公明党東京都本部の夏季議員研修が行われました。



前回の議会で一般質問をした「フレイル」についてと、地域中小病院の役割についての講演もあり、後半戦の取り組み等、これからの取り組みに頭も気持ちもいっぱいになりましたが、一つ一つやりきるしかないとあらためて決意。
頑張ります!

予算特別委員会終わる

  • 2018.03.14 Wednesday
  • 23:50

昨日、予算特別委員会で会派を代表する総括質問に立たせていただきました。
7日前から連日、資料と格闘してましたので、ホッとしています。
寝不足を少しでも補填しなければ。
個人でも会派でも要望してきた事がさまざまな形となった今回の予算、明日の本会議にて(最終日)またご報告しますね。
先日ついうっかり手が滑って割ってしまった自分のご飯茶碗。やっと購入できました。


確定申告もなんとか間に合いそうです。
介護状態の母とその介護をしている父のいる実家にもようやく行けました。
暖かいと動きも違いますね!
春の進みに追いつけるよう頑張ります。


実家の桃の花、もうすぐ咲きそうです。

春を告げるInternational Women’s Day

  • 2018.03.05 Monday
  • 23:49
毎年3/1〜3/8まで女性の健康週です。女性特有の健康課題について社会全体で認識を深める機会にしていきたいです。

女性は、女性ホルモンの影響を受けやすく、生涯にわたって心身の状態が大きく変化します。世代ごとにかかりやすい病気や悩みも複雑で、きめ細かな対応が欠かせません。 例えば、思春期には女性ホルモンの増加が一因となり、うつ病を発症してしまうケースは多く、成人期には月経前症候群や不妊、更年期には不定愁訴や骨粗しょう症といった悩みが深刻化します。乳がんや子宮頸がんという女性特有のがんもあります。 これら一つ一つの病気は、女性の生涯の健康を左右する。しかし、日本では母子保健政策やがんといった個別の分野で対策が進められており、男性との違いを考慮した性差医療の研究も十分ではない。そのため、予防に必要な情報が行き届かなかったり、不調を感じても、どこに相談すればよいのか分からず悩む場合は少なくありません。 そこで、公明党は2008年に「女性サポート・プラン」を策定し、生涯を通じた健康管理を重視。女性専門外来の開設や産後ケアの充実といった施策を推進してきました。

既に海外では、幼少期から高齢期までを継続的で包括的な女性の健康支援を行うことにより、効果的な予防や医療ケアに取り組んでいる国もあり、体制づくりの参考になる。 女性が活躍できる社会づくりが叫ばれる今、その基盤は健康を守ることだと思います。
そして3月8日は国際女性デー 春を告げる花「ミモザのの日」でもあります。 イタリアでは男性が日頃の感謝を込めて母親や奥さん、恋人や同僚、身近な女性にミモザの花を贈る習慣があるそうです。また、女性同士でも女性であることに感謝する日としてミモザの花を贈りあうそうです。さすがイタリア!なんて素敵な習慣!私も母へ、娘へ自身へ感謝を込めてミモザを入れた花のアレンジをプレゼント。



東京防災がアプリに

  • 2018.03.02 Friday
  • 17:10
昨日に続き防災のお話。

東京防災がアプリを昨日よりダウンロード開始しました。
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/smart/1005744/index.html




クイズ形式だったり、ゲームの要素も。


発災時の掲示板や警報ブザー機能も。




楽しみながら防災力アップできそうです。

3月はじめは春の陽気でスタート

  • 2018.03.01 Thursday
  • 15:39
3月はじまりは暖かい陽気で、まさに小春日和!
第一回定例議会も各委員会が終わり、特別委員会も明日までで、来週からはいよいよ予算委員会がはじまります。
気合いを入れ直して3月スタートします!

そして本日は待望の東京都の「暮らし防災」が発刊しました!



府中市の公共施設 設置場所はこちら。

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/smart/1005427/1005661/1005691.html

府中市内の民間企業にも設置していただいています。
たとえば…府中駅京王アートマンはそれぞれの階のレジ脇に。

シマチュウ府中店では一階サービスカウンターに。



郵便局にもありました。

みずほ銀行府中店さんには記載台の側に。
他はニトリ、ケーヨーD2、イオングループ、マルエツなど。 全部ではありませんが、美容院、ネイルサロンなど、女性が立ち寄るような場所に設置しています。皆さんの勤務先の近くや市外にお買い物に行った先などで東京都内でしたら目にすることが多くなると思います。 東京都は100万部を作りましたが、皆さまお早めにゲットしてください。

都議会公明党が昨年提案してスピード実現した実績です。大事なところは女性の視点で作られたというところです。
ぜひ皆様の防災力アップのために活用してみてください。

4月から母子健康手帳の受け取り場所が変わります

  • 2018.01.26 Friday
  • 15:14

何度となく母子保健事業に関する充実を図るためにあらゆる角度から一般質問をはじめ、これまでさまざまな提案をしてまいりました。

 

妊娠して初めて母子手帳をもらいに役所や保健センターへ訪れるファーストコンタクトが大事だとこれまでも訴えてきました。しっかり妊婦さんと保健師さんなどが繋がってもらうように、また、母子手帳にも工夫をと・・・電子母子手帳や20年間記録できる手帳など提案をしてきました。実現にはまだ至りませんが、母子手帳の交付場所が42日から一本化されます。

詳しくは下記のホームページ

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/kosodate/shussan/boshinokenko/kenkotecho.html

 

 

これまで役所や東西出張所の文化センターでの交付を行っていましたが保健センターのみとなります。

一見、不便になったように思えますが看護職の面談がかならず行われますのでとても大事なことなのです。2人目3人目となると初めてではないから面倒だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、お産はそれぞれ違います。環境も変化しますのでより丁寧な対応が必要です。相談できる場所があるのは安心です。

 

昨今の妊活、出産の考え方は多様化し、問題も多岐にわたります。「妊娠は病気ではない」とか「案ずるより産むが易し・・・」など楽観的ではいられない状況があります。生まれてからも保育園への預け先がない問題やワンオペ育児など情報があふれる世の中なのに孤独を感じている親御さんは多いのではないかと思います。

このような状況の下、母子保健法の改正により、平成 29年4月からセンター(法律における名称は「母子健康包括支援センター」。)を市区町村に設置することが 努力義務とされました。さらに、 「ニッポン一億総活躍プラン」 (平成 28年6月2日閣 議決定)においては、平成 32年度末までにセンターの全国展開を目指すこととされました。センターについては平成 26年度から実施されている妊娠・出産包括支援事 業と平成 27年度から開始された子ども・子育て支援新制度の利用者支援や子育て支援などを包括的に運営する機能を担うものであり、専門知識を生かしながら利用者の視点に立った妊娠・出産・子育てに関する支援のマネジメントを行うことが期待されています。

 

 子育て世代包括支援センターの必須業務としては

    妊産婦・乳幼児等の実情を把握すること

    妊娠・出産・子育てに関する各種の相談に応じ、必要な情報提供・助・保健指導をうこと

    支援プランを策定すること

    保健医療は福祉の関係機関との連絡調整をこととなっています。

「府中は子育ていやすいまち」と言っていただけるよう全力で地域包括の推進に微力ながら力を尽くしてまいります。

2018年スタート

  • 2018.01.04 Thursday
  • 02:20

新年明けましておめでとうございます。
穏やかな晴天が続いたお正月三が日は、いかがお過ごしでしたか。



私事ですが、いろいろありまして実家の両親が揃って正月から入院という事態となり波乱の幕開けとなりました。 やっと帰宅して遅い年賀の印刷に勤しんでおります。



さて本年は、昨年政府がまとめた2兆円規模の新しい政策パッケージ「全世代型」の社会保障の具体的な政策が進みます。
まずは、幼児教育の無償化についての具体的策、無償化の対象範囲など進められます。 併せて待機時問題も2022年度末までに32万人の保育受け皿をつくる計画を、2020年までの前倒しが決まりました。
そして東京都において先行的に行われている私立高校授業料の実質無償化、給付型奨学金の大幅増額など、どれも公明党がこれまで訴え続けてきたものです。
経済的な理由で進学を諦めなければならないような状況を変えていくためにも、着実に政策実現を果たしていけるよう地方議員、国会議員のネットワークで皆さまの暮らしを守り抜いてまいります
br />
4日は街頭からスタートいたします。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

komaneko

clock

本棚

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM